【2018年最新版】子どもの身長を伸ばす方法大百科

何に気をつけるべき?子供の身長を伸ばす方法、教えます。

「ウチの子、もうあまり身長が伸びないかも…」そんな心配をしていませんか?

子どもの身長は思春期に大きく伸びるので、まだ10歳に満たないお子さんであればまだまだ伸びるチャンスはあります。そのためには、成長期を迎える前に十分な栄養を摂り、規則正しい生活を送ることが必要不可欠。このサイトでは身長を伸ばす生活習慣や栄養補給にぴったりのサプリメントを紹介しています。

身長UPを応援する
栄養サプリを大紹介!

カンタン摂取で成長サポート!子どもの背が伸びるサプリメント

サプリを持った手のひら

子どもの成長のために必要な栄養素はカルシウム、タンパク質、ビタミン類などさまざまです。それらをバランス良く、お子さんが毎日の食事から摂るのはなかなか大変。そんなとき、手軽に栄養を摂れるキッズサプリは心強い味方になってくれます。本サイトでは、栄養補助に役立つキッズ向けサプリメントの情報を大特集!おすすめ商品ランキングや口コミ情報も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

いちばん続けやすい!
サプリメントランキングはこちら

子どもの身長を伸ばすために見直したい4つの生活習慣

身長を伸ばすために必要なものは『食事』『運動』『睡眠』『愛情』という4つの要因。いずれも子どもの順調な発育には欠かせないものです。バランスの悪い食事や、睡眠不足など、乱れた生活環境になってしまっていないかチェックしましょう。

こちらでは日々の生活において背を伸ばすために重要な4つの生活習慣について詳しく調べています。ぜひ各ページの内容をチェックしてみてください。

身長を伸ばすための生活についてはこちら

食事

背を伸ばすために必要な栄養を摂ろう
食事

食べれば必ず背が伸びる食品は残念ながらありません。身長を伸ばすためには、栄養バランスのとれた食事をとるとともに、成長に必要な栄養素を積極的に摂っていくことが大切です。とはいえ共働きなどの理由から、栄養の充分な食事を毎日用意するのが難しい、という親御さんも数多くいるでしょう。また子どもには「甘いものが好き、脂肪分の多い外食が好き」という好き嫌いもあります。子どもが喜ぶならまあいいか、とついつい面倒くさがって栄養の偏った食事ばかり作っていると、いつの間にか偏食傾向のある子どもに育ってしまうことも。さまざまな栄養を与えることで相乗効果を促し、子どもが本来持っている発育のポテンシャルを、最大限に引き出していかなくてはなりません。

カルシウム、たんぱく質など、成長に必要な成分がどういった食品に多く含まれているのかをまとめました。また食事面で注意すべきポイントも見逃さないようにしてくださいね。

身長を伸ばす食事についてはこちら

運動

適度な運動で骨端線を刺激
運動

適度な運動は、骨に良い影響を与えます。骨の成長は、骨の先端にある軟骨と骨の境目の「骨端線」に委ねられます。運動により骨端線に適度な刺激が加わることで成長が促され、身長が伸びるのです。また運動で筋肉を使うと、成長ホルモンの分泌が促進される効果もあります。さらに運動をすることでエネルギーが消費されますから、食欲は増します。たくさん食べることで、身長を伸ばすのに必要な栄養素もたっぷり摂ることができますし、疲れた体を休ませるために良質な睡眠にもつながっていきます。運動することで、さまざまな角度から身長UPへの良い影響が与えられるのです。近年は外で遊ばず、家でゲームをするのが何よりも好き、という子どもが増えています。こうした習慣を改善するためには、親の積極的な働きかけが必要となってくるでしょう。

成長ホルモンと骨の先端にある骨端線の関係性、そして運動をすることによる相乗効果を理解しましょう。子どもに運動をさせる際に注意すべきポイントも合わせてチェックです。

身長を伸ばしやすい運動についてはこちら

睡眠

成長ホルモンを意識して良質な睡眠を
睡眠

「寝る子は育つ」という言葉は、ただのことわざではありません。睡眠は、子どもの成長に大きな影響を及ぼします。身長を伸ばすための重要な要素である成長ホルモンは、午後10時~午前2時の睡眠中に多く分泌されるといわれています。夜更かしや寝不足が続いたり、眠りが浅くなったりすると、成長ホルモンの分泌に悪影響が及びます。ベッドに入ってもゲームやスマホいじりを続ける生活習慣を許容してしまうと、大切な成長期を棒に振ってしまう可能性もあるのですから、怖いですね。また思春期の開始が遅い子どもは、身長が高くなる傾向にあるといわれています。思春期を遅らせる働きを持つ『メラトニン』というホルモンがあるのですが、このメラトニンも夜間に分泌されます。その促進のためにも生活リズムを整え、質の良い睡眠をとることが重要です。

睡眠時に分泌される成長ホルモンは、子どもの成長に大きな影響を与えます。分泌時間帯やそのメカニズムを理解し、子どもの背を伸ばす最適な睡眠について考えましょう。

身長を伸ばす良質な睡眠の方法はこちら

愛情

ストレスのない愛情ある生活
愛情

子どもの成長のために大切なのが愛情。身体の健やかな発育には、両親からの愛情が少なからずかかわっています。親の愛情不足で精神状態が不安定になると、脳下垂体の成長ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。とくに重要なのが、子どもとともに長い時間を過ごすことが多い母親からの愛情。母親の愛情が十分でないと、子どもは『母性剥奪症候群』と呼ばれる症状に陥ってしまい、身長が伸びにくくなるなどの悪影響が表れることがあります。

また『愛情遮断性低身長』という症状があるのをご存知でしょうか?これは家庭内に虐待などの問題がある際、精神的なストレスから子どもの成長が阻まれてしまう病気です。「うちの子の身長を、もっと伸ばしたい」という感情が湧くのも、愛情があればこそ。生活習慣の改善を厳しく指導するのと同時に「あなたを大切に思っている」という気持ちを、しっかりと伝えてあげるようにしてください。

食事や睡眠に問題がなくても、心の安定が得られないと、健やかな発育が阻まれます。子どものストレスについてまとめていますので、生活環境を見直すきっかけにしてください。

身長と愛情・ストレスの関係についてはこちら

身長を伸ばすのに欠かせない成分

身長を伸ばすためには、栄養に気を配ってあげる必要があります。身体内に背を伸ばすためのポテンシャルがしっかりと備わっていても、毎日充分な栄養を与えてあげなければ、身長は伸びないからです。では一体、どんな種類の栄養を与えていくべきなのでしょうか?以下にまとめていますので、必ずご一読を。そして、今後の食生活へお役立てください。

身長アップをサポートするために必要な栄養素とは?代表例を紹介していますので、各ページの内容にご注目を。

身長を伸ばすために必要な栄養分まとめについてはこちら

カルシウム

すべての骨のもとになる成分

身長を伸ばすためには、骨を成長させていかなくてはなりません。骨の成長に必要な栄養素(成分)といえば、誰しもが真っ先に思い浮かべるのがカルシウムではないでしょうか。そもそも骨は、カルシウム化合物とリン酸化合物をメインに構成される組織です。

さらに、骨はカルシウムの貯蔵庫の役割も担っています。体に必要なカルシウムの大部分が、骨に貯蔵されているのです。カルシウムは毎日消費されていくため、食事で補っていく必要があります。そうしなければやがて、骨自体が脆くなってしまうでしょう。

とくに成長期とよばれる時期には、毎日消費されるカルシウムのほかに、軟骨組織が骨化するために必要なカルシウムもプラスして補う必要があります。この軟骨組織が骨化し、骨が成長することで身長が伸びるのですから、カルシウムの補給は重要なのです。

身長を伸ばすために不可欠なカルシウムについて、詳しく紹介していきます。またカルシウムを多く含む食品、効率よく摂るためのメニュー例なども併せて紹介しています。

カルシウムと身長の関係についてはこちら

タンパク質

筋肉だけじゃない。体を作る材料

身長を伸ばす栄養素(成分)というと、カルシウムをイメージする方が多いと思いますが、タンパク質も重要な役割を担っています。というのも、タンパク質は骨を作る材料でもあり、身長と深い関係のある成長ホルモンの分泌を促す作用もあるからです。

またタンパク質は、骨だけでなく、体のあらゆる部分が必要とする成分です。ちなみに、タンパク質は英語では「プロテイン」。これは「もっとも重要」を意味する言葉でもあるのだそう。つまり、私たちの体にとって重要な役割を担うタンパク質は、消費が多い分、たくさん摂取する必要があるのです。 とくに毎日元気いっぱいに飛び回っていたり、スポーツに励んでいる子どもにとって、タンパク質の補給は重要です。身体を一回りも二回りも大きくするために、タンパク質のサポートを得ていきましょう。

カルシウム同様、身長を伸ばすために欠かせないのが、タンパク質。子どもに与える場合、1日の摂取目安量はどのぐらいなのか調査しているほか、食材についての情報も掲載。

タンパク質と身長の関係についてはこちら

マグネシウム

カルシウムの良きパートナー

マグネシウムには、骨のもととなるカルシウムの吸収や、体の代謝を整える働きがあります。成長期に身長を伸ばすには、カルシウムとマグネシウムを同時に摂取することが重要となってきます。

しかし、体内のマグネシウムが不足した状態で、カルシウムを過剰に摂取するのはよくありません。余分なカルシウムと一緒に、マグネシウムも体外へ押し出されてしまいます。これにより、骨が弱くなってしまう可能性があるのです。そのため、2つの成分を同じくらいの量で摂っていくことが大切。子どもの成長のため、栄養素について研究する際は、マグネシウムについて知識を深めておくと良いでしょう。

身長UPのために重要な働きをする「マグネシウム」の情報まとめ。カルシウムとの関係性や、マグネシウムが豊富に含まれる、おすすめの食べ物について紹介しています。

マグネシウムと身長の関係についてはこちら

亜鉛

不足すると成長にかかわる?

あまり知られてはいませんが、亜鉛は成長に欠かせない栄養素。骨そのものを伸ばす作用はありませんが、タンパク質の吸収を促す働きがあり、子どもの成長に深くかかわっている成分です。低身長症と診断された子供が亜鉛サプリを飲み続けた結果、改善が見られたケースもあります。

必須ミネラルでもある亜鉛は、ある一定以上摂取しないと、免疫力が低下したり、肌が荒れたり、胃腸障害が起きたりと、健康に影響が出てきます。また亜鉛は、汗や尿などでどんどん排出されてしまいますので、気を配る必要があります。

しかし、亜鉛は食事からはなかなか摂取されにくい傾向にあります。つまり、意識的に摂取しないと、どんどん不足して、成長(身長)にも影響が出てしまうのです。

子どもの身長を伸ばしたいなら、カルシウム、たんぱく質とともに、亜鉛もまた、しっかりと摂取させていきましょう。

亜鉛を含む食品として有名なのは「牡蠣」ですが、その他にはどんなものに含まれるのでしょうか?調査していますので、要注目。成長に有益な成分ですので、知識を深めましょう。

亜鉛と身長の関係についてはこちら

アルギニン

成長ホルモンの分泌力をアップ!

アミノ酸のひとつであるアルギニンは、成長ホルモンの合成にかかわり、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるといわれています。子どもの順調な発育のために、ぜひ積極的に摂り入れていきたい成分のひとつといえます。

そもそもアミノ酸は、たんぱく質を構成している成分のことで、成長ホルモンの分泌促進効果があるといわれています。

アルギニンは大人であれば体内で合成することが可能ですが、子どもは体内で合成することができないため、食品で摂取しなければなりません。とはいえ、アルギニンばかりを摂取するのではなく、他の必須アミノ酸も摂取しないと成長ホルモンの分泌を促す効果は期待できません。このように、アルギニンの摂取にはある程度の知識が必要となってきます。

カルシウムやタンパク質などに比べると、まだまだ耳慣れない成分である、アルギニン。「一体どんな食材に含まれているの?」と考える人もいるのではないでしょうか。

アルギニンと身長の関係についてはこちら

ビタミンD

骨を作る細胞に働きかける

数あるビタミンの中でも、背の伸長と深いかかわりを持っているのがビタミンD。

それは、ビタミンDに骨芽細胞を刺激して骨の形成を促進させる働きがあるためです。魚介類やキノコ類といった食材から、積極的に摂取したいところですね。

また、日光を浴びることで体内でも生成が可能な成分でもあります。外に出る機会がないとビタミンDが不足してしまうことがあるので、バランスの良い食事だけでなく、外でよく遊んで日光を浴びることも大切です。インドアになりがちなお子さんは、積極的に外出させましょう。

こちらはビタミンDが身長アップに果たす役割について、調査しているページです。どんな食品の中に多くのビタミンDが含まれているのか?詳しく見ていきましょう。

ビタミンDと身長の関係についてはこちら

ボーンペップ

卵が持つ驚異の成長スピードから発見された身長UP成分

卵黄の中から発見された成分が、こちら。近年研究が進み、子どもたちの身長をアップさせるために有益な働きがあることが、わかってきています。 鶏の卵から生まれるひよこは、わずか21日間で孵化します。手のひらに乗るほど小さなひよこでも、身体の中にはしっかりとした骨格や内臓があります。「卵の黄身や白身が、あっという間に幼鳥として形作られていく秘密の鍵は、卵の黄身の中にあるのでは…」、そんな想定のもとに研究が進められ、発見されたのがボーンペップなのです。

近年は子どもの栄養補助食品が数多く販売されるようになりましたが、ボーンペップはさまざまな商品から引っ張りだこの、人気成分。それだけ、身長UP効果への期待が高まっています。

では具体的にどんな働きがあるのでしょうか?ボーンペップは「骨にアプローチする成分」で、骨の分解合成を調整し、成長を助けます。また骨密度を高め、骨を丈夫にするともいわれています。要注目ですね!

注目を集めているボーンペップですが、まだ知名度はあまり高くありません。そのため「どんな働きがあるの?」と首を傾げる人も。このページでは、その威力について説明します。

ボーンペップと身長の関係についてはこちら

価格で比較!
ボーンペップ配合サプリBEST5

子どもの身長に関する情報館

「大人になってコンプレックスを感じないように、十分成長させてあげたい」と考え、子どもの身長アップを希望する親御さんは数多いようです。中には「体質に何か問題があって、身長が伸びないのでは」と悩んでしまうケースも…。こうした事態を避けるためには、子どもの身長に関する正しい知識を身に付け、適切にアプローチしていくことが大切です。

子どもの身長アップに関するさまざまな情報について、リサーチしています。ぜひ各ページの内容をご一読ください。

子どもの身長についての疑問はこちら

身長が伸びるしくみは?

背が伸びるメカニズムとは「背骨や足などの骨が成長して伸びている」ということに他なりません。それらの骨の両端にある『骨端線』と呼ばれている柔らかい軟骨が増殖することで、背が伸びていくのです。

軟骨という名の通り、骨端線は柔らかく伸びやすいのですが、成長期を終えると、固まってしまいます。完全に固まってしまうと、それ以上身長が伸びることは、ほぼありません。骨端線が固まってしまう年齢は、男子で17歳前後、女子で15歳前後といわれています。

しかし身体の成長には個人差がありますので、一概にこの年齢で可能性がゼロになるというわけではないことも、理解しておきましょう。

身長が伸びるしくみについて、詳しく調査していますので、まずはここからお目通しを。カギとなる『骨端線』と『成長ホルモン分泌』を増殖させる方法も、リサーチしています。

子どもの身長が伸びるしくみについてはこちら

成長期っていつまで?

久しぶりに会った子どもが、以前よりも大きくなっていると「成長期だもんね」などという表現が使われます。誰もが何気なく使う言葉ですが、成長期の正確な定義とは、どのようなものなのでしょうか。本気で子どもの身長を伸ばしたいと考えている親御さんにとっては、気になる問題だと思います。

成長期は、思春期に入ってから3~4年の期間を指すことが一般的です。男子の場合は、中学生から高校生にかけての時期。女子の場合は、小学校高学年から中学生にかけての時期でしょうか。この成長期と呼ばれる時期には、とにかく身長が急激に伸びます。男子は20センチ以上、女子も10センチ以上は伸びるといわれています。なかには、30センチ以上伸びるケースも珍しくありません。ただし、医学的に成長期を見ると、また違った定義が生まれてくるようです。

人生の中で、身長が最も伸びる時期といえば、成長期です。この時期を逃してしまうと、もう大幅な身長UPは不可能。その時期や、期間内に心がけたいことをまとめています。

成長期と身長の関係についてはこちら

姿勢がいいと身長が伸びる?

姿勢の悪さは、身長UPの障害になるのでしょうか?答えは、YESです。ひと昔前は子どもたちの遊びといえば、仲間同士誘い合って公園や学校に行き、オープンスペースでごっこ遊びやボール遊びに興じるのが一般的でした。しかし近年は文明の進歩に伴い、子どもたちの遊び方にも大きな変化が生まれています。最も大きな変化はスマートフォンやテレビゲームの存在。家の中で長時間にわたってゲームに興じることは、健全な発育に悪影響を及ぼします。前かがみになってゲームをしたり、スマートフォンをいじったり、いかにも不健康な姿勢ですよね。

では具体的に、どのような悪影響があるのでしょうか。それはゲームをしているときの姿勢に関連しています。前かがみの姿勢や猫背は、心臓や肺、脈管などを知らず知らずのうちに圧迫しているのです。このような状態が続くと、身長の正常な成長を妨げることになりかねません。何とか対策を考えていく必要がありそうですね。

こちらのページでは、猫背が及ぼす悪影響や改善法について考え、情報をまとめていますので、要注目です!

身長の伸びと姿勢の関係についてはこちら

身長は遺伝するの?

「あの家のお子さん、とっても背が伸びたわね~」、「そりゃそうよ、お父さんの背が高いし、お母さんだって、女性にしては背が高い方ですもの」誰でも一度は、こんな会話をしたことがあるのではないでしょうか?「親は子に似るもの」、それは非常に明快な事実です。逆にいうと「ウチの場合はどうなんだろう。夫は背が高い方じゃないし、私も小さい。ということは、子どもの背もこのまま伸びないのじゃないかしら…」という不安を招く要因にもなるということ。

しかし身長は遺伝だけでは決定しません。実際、両親は小柄なのに、息子は180センチ以上も身長があるというケースもあるのです。また両親が大柄なのに、子どもは小柄というケースも、最近は増えています。身長が伸びない場合、遺伝より生活環境が大きく影響していると考えられます。

子どもの身体が将来どのくらい成長するのか考える時、私たちは知らず知らずのうちに両親からの影響を測っています。しかし本当に遺伝の影響力は大きいのか?調査しています。

身長と遺伝の関係についてはこちら

低身長の原因って?

「ウチの子はいつも背の順で前から数えた方が早い。このまま背が伸びないのかしら?もしかして、何かの病気や発達障害なのかも…?」人知れず、こんな悩みを抱えている親御さんがいます。しかし子どもの身長は、思春期の開始を境に、急激な変化を見せます。多くの場合は取り越し苦労に過ぎないので、必要以上に心配することはなさそう。しかし、稀に低身長を招く明確な理由を持つ子どもがいるので、知識を深めておくと良いかもしれません。

その多くはあまり発生率の高くない、ホルモンや染色体の病気です。中でもとくに心配なのは、子宮内発育不全(SGA)による低身長症ではないでしょうか。とはいえその90%以上は、3歳頃までに成長が追いつきます。「自分の子どもは残りの10%に入っているのではないか」と心配される場合は、早めに専門医の門を叩くことが大切です。

低身長な子どもの中に、病による原因が見られることがあります。その種類について調べ、各症状の詳細を紹介しているページです。知識を深めるため、ご一読ください。

深刻な低身長の原因についてはこちら

低身長は治療できる?

身長の伸び悩みを心配し、病院を受診した結果、専門医から「治療の必要がある」と診断されるケースがあります。その際は、一体どのような治療が適用されることになるのか、大いに気になるところです。低身長の治療現場では、おもに『成長ホルモン注射』が実施されることとなります。成長ホルモンを注射することによって、血中の成長ホルモン濃度を高めていくのです。この治療は、一定の効果を上げていることで知られています。しかし、一度打ったらそれで終わりという治療ではありません。そのため通院ではなく、自宅で注射を打つことになります。家族で協力し合いながら、一定期間継続していく必要があるのです。小学校高学年くらいになれば、自分で注射ができるようになります。極細の針なので、痛みはほとんど感じませんが、保護者の丁寧な指導と観察は必要です。

病院での治療が必要な低身長症があります。その場合、一体どのような治療が適用されるのか、気になりますよね。詳細を調査しているページですので、チェックしてみてください。

低身長の治療方法についてはこちら

年齢ごとの平均身長はどのくらい?

「ウチの子の身長は、どうも低いなぁ」と考える時、ひとつの指針となってくれるのが、同年代の子どもの平均身長値です。年齢や性別によって平均は異なりますので、あくまで目安としてチェックしていくこととなるでしょう。

小学校にいる間はそれほど大きな性差はありません。ところが中学生になると10cm以上の差が生じるようになります。これは思春期を迎える時期の差によるものです。女子の場合は10~12歳前後で思春期が訪れるため、それ以降の伸び率は低くなります。対して男子は12~14歳ごろに思春期を迎えます。その期間も身長は伸び続けているため、最終的な差が出てくるというわけです。

なお戦後から高度経済成長期にかけて、子どもの平均身長は10cm以上もアップしました。近年は上昇が止まり、横ばい傾向にあるようです。

子どもの平均身長値は、我が子の体格を測るひとつの指針となります。このページでは、男女別/年齢別の平均身長データを一覧で掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

性別・年齢別・平均身長についてはこちら

太っていると身長が伸びない?

体重が子どもの時から平均値を上回っていると、成長が阻害されやすくなってしまうのをご存知でしょうか。つまり太っていると、身長は伸びなくなるのです。

身体が横にばかり成長していると、体内で「もう充分に成長した」という誤解が生まれ、思春期の開始が早まってしまうというのだから、驚きです。思春期の早発は、小柄のままで身長の伸びを止めてしまうので、要注意です。

また、子どものころから肥満体型だと思うように体が動かせなくなったり、生活習慣病の要因になったりと、不安要素が数多く生まれます。一番の原因として考えられるのは、運動不足。近年は家でゲームばかりして、外で遊びたがらない子どもが増加中なのです。親が子どもを甘やかし、欲しがる食べ物を何でも与えてしまうのも、考えもの。脂肪分の多い食事やお菓子しか受け付けなりかねません。

肥満は子どもの順調な発育を阻害します。また太めの身体はいじめやからかいの対象になりますので、注意が必要。このページでは、体型改善の対策を紹介していきます。

身長と肥満の関係についてはこちら

子どもの身長を伸ばすストレッチ・ツボ押しの方法

子どもの身長を伸ばすための方法として真っ先に考えられるのは、栄養分の摂取や生活習慣の改善です。カルシウムやタンパク質などの栄養をきちんと与え、運動習慣を付けさせることが、健やかな発育に欠かせません。またそれ以外にも、身長アップをサポートする方法があります。それが毎日の中に取り入れやすい、ストレッチやツボ押しです。

子どもの発育サポートに役立つストレッチやツボ押しについて、具体的な方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

身長とストレッチやツボの関係についてはこちら

ストレッチ(柔軟体操)・マッサージ

筋肉は、放っておくとどんどん硬くなってしまいます。それは、大人だけでなく子どもの場合でも同じこと。とくに子どもの場合は、身長を伸ばすために全身の筋肉を柔らかくしておく必要があります。筋肉が柔らかければその収縮もスムーズになり、骨とともに大きく成長できるのです。

筋肉をほぐすためには、ストレッチ(柔軟体操)、マッサージなどを取り入れることが有効です。これらを実践することで、栄養が全身に行き渡りやすくなる、というメリットもあります。

またストレッチやマッサージは、お風呂上りなどの場面で、親子一緒に実践できるので、コミュニケーション法として活用するのもおすすめ。しつけや義務として強制すると子どもたちは苦手意識を持ってしまうので、楽しみながら習慣にしていくことが大切です。

ご自宅でお子さんと一緒に、簡単に実践できるストレッチやマッサージの方法をまとめています。ぜひ内容をチェックして!そして、家族の新しい習慣作りへお役立てください。

子どもの身長を伸ばすストレッチについてはこちら

ツボ押し

アジアの文化の中に根付いている健康法・ツボ押しの中にも、身長を伸ばすために有効な方法が隠されているようです。身長を伸ばすためには、おもに足の裏の3つのツボを刺激すると効果的なのだとか!脳下垂体、肝臓、そして甲状腺ホルモンにアプローチしていくことで、現状の改善を目指していきます。

足裏のツボ押しと聞くと、プロの技術者が提供してくれるマッサージを連想してしまいますが、一般家庭でも十分に可能です。慣れるまではお子さんもくすぐったがったりして、なかなか実行に移すのが大変かもしれませんが、ぜひ知識を深め、積極的に実践していきたいものです。

いくつかの方法を紹介していますので、要チェック。またツボ押しには、どの方法にも共通する「コツ」があります。心配するほど難しくはないので、併せて紹介します。

子どもの身長を伸ばす足つぼマッサージについてはこちら

思春期と身長の関係について

人間の背の伸長には、2度のピークがあります。1度目は生後から4歳ぐらいまでの間で、50cmぐらいしかなかった身長が倍以上になります。それから数年間は緩やかな伸びが続きますが、思春期を迎えることで2度目のピークがやってきます。

女子は9歳前後、男子は11歳前後から思春期が始まるといわれており、子どもによっては期間内に20cm以上の身長アップが現実のものとなります。その後の人生で、ここまで身長が急激に伸びる期間はもう用意されていません。この人生最大の成長期は、8~10年間続きます。期間内に充分な栄養、睡眠を取り、適度な運動を習慣づけることが身長アップの鍵となります。

なお思春期前に背が伸びず、クラスの身長順で前の位置につけていた子どもでも、思春期を迎え急激に身長がアップすることは十分にあり得ます。まだお子さんが小さい場合は、必要以上に焦らず、成長を見守ってあげるようにしましょう。

身長にまつわるウワサQ&A

Q.子どもに筋力トレーニングをさせると、身長が伸びなくなるというのは本当?

A.嘘です。筋力トレーニングをすると、成長ホルモンの分泌が活発になりますので、むしろ良い影響があるでしょう。子どもの身体は大人の身体と違い、筋トレすればするほど筋肉隆々になる、というわけではありません。無理をせず、適度に行わせるようにしてください。

Q.うちの子どもは睡眠中によく寝返りを打っているのですが、身長の伸びに影響は?

A.寝返りを打つのは自然なことですので、必要以上に気に病むことはありません。ただし、あまりに多すぎると眠りが浅くなる可能性があります。寝具が硬すぎると寝返りを多く打ちやすくなるので、調整してあげましょう。

Q.足の大きさと背の高さには、関係がありますか?

A.背の伸長には、骨の発達が大きくかかわっています。足の内部にも骨があるので、背の高い人の中に足のサイズも大きい人は多くいます。しかし「足が大きめだから、背も高くなるだろう」という予測に、医学的根拠はありません。身体全体の発育スピードは均等ではないので、足だけが大きくても、高身長になるとはいえないのです。

Q.正座は身長アップの障害になるってホント?

A.正座は足に負担をかける座り方なので、常に正座をしていると身長アップに影響があるかもしれません。しかし現代のライフスタイルの中では、正座をする機会の方が稀といえます。それよりも椅子に座る際、猫背になっている方がよっぽど危険です。正座うんぬんを取り沙汰するより、正しい姿勢を身につけさせましょう。

■このサイトの参考文献

どうしたら身長が伸びるの?の疑問(管理栄養士・体育学修士 河谷彰子氏)
http://www.shirokawa.jp/column/kawatani_akiko/1577/
子どもの背を伸ばすのに効果的な食事とは?どんな栄養を摂ればいい?(管理栄養士 岡本夏子氏)
http://benesse.jp/kosodate/201605/20160531-3.html
成長ホルモンはストレスで減ることがあるの?(西新宿整形外科クリニック運営サイト)
https://www.ns-seikeigeka.com/qacolumn/seichouki/271.html
身長を伸ばすのに効果的な運動とは?(西新宿整形外科クリニック運営サイト)
http://www.ns-seikeigeka.com/column/child/12.html
お子さんが小柄である事が気になったら(大阪大学小児科学教授 大薗恵一氏)
http://www.glico.co.jp/boshi/futaba/no73/con02_02.htm
ボーンペップ 株式会社ファーマフーズ運営サイト
https://www.pharmafoods.co.jp/products/bonepep
背が伸びるサプリメントランキングBEST5
pagetop