ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせな い各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳と一緒に摂るタイプの中でイチオシです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

3位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

メイプル風味の「飲むシリアル」。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。低カロリーなのに栄養豊富で女の子におすすめです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

必要な摂取量って?

必要とされるカルシウムの摂取量について

 カルシウムの摂取量の目安には、「推定平均必要量」(EAR)と「推奨量」とがあります。推定平均必要量は「必要量の平均から求められる推定の平均値」のこと。平均なので、カルシウムを摂取するなら最低限は上回っていたい数値です。一方の「推奨量」はその名の通り理想とするカルシウムの摂取量のこと。子供の身長を十分伸ばすためにはこの推奨量に近い数値のカルシウムが必要となります。

【カルシウムの推定平均必要量】

  • 1~2歳:男子350mg、女子350mg
  • 3~7歳:男子500mg、女子450mg
  • 8~9歳:男子550mg、女子600mg
  • 10~11歳:男子600mg、女子600mg
  • 12~14歳:男子850mg、女子700mg

【カルシウムの推奨量】

  • 1~2歳:男子400mg、女子400mg
  • 3~7歳:男子600mg、女子550mg
  • 8~9歳:男子650mg、女子750mg
  • 10~11歳:男子700mg、女子750mg
  • 12~14歳:男子1,000mg、女子800mg

ご覧のように平均必要量よりも理想とする推奨量は50~150mgも髙いことがわかります。普段の食事にはカルシウムを多く含む食品を加え、その吸収をサポートする栄養素についても考えましょう。

時にはサプリメントも活用し、子供がカルシウムを摂取する機会を積極的に作りましょう。

一緒に摂るべき他の成分について

カルシウムは摂取しただけでは十分ではありません。それを体が吸収するためにはタンパク質・マグネシウム・ビタミンDなどの栄養素が欠かせません。

たんぱく質

たんぱく質を構成するアミノ酸には、カルシウムの吸収を促進させる効果があります。たんぱく質は野菜や海藻と一緒に摂取するとより有効ですが、摂りすぎには注意が必要。逆にカルシウムを排出させてしまうので適度な量が理想的です。

マグネシウム

マグネシウムは骨の中に沈着するカルシウム量をコントロールする成分です。マグネシウムもたくさん摂取すれば良いというものでもなく、カルシウムとのバランスが大切。カルシウム2に対してマグネシウム1の割合がベストです。マグネシウムは納豆や豆腐、味噌などの大豆製品のほか、豆類や海藻に豊富に含まれています。

ビタミンD

食事によって摂取したカルシウムは小腸で体へと吸収されます。この際にカルシウムの吸収を促すのがビタミンD。ほかにもビタミンDにはカルシウムを骨へと吸着させる働きがあります。ビタミンDをはシラスなどの魚類、キクラゲや干しシイタケといったキノコ類に多く含まれています。また、日光浴をして紫外線にあたることでもビタミンDを体内で作りだすことができます。

人気のページ

子供の身長を伸ばすサプリおすすめランキング>>

カルシウムのおはなし>

身長を伸ばすのに欠かせない成分一覧>

ページの上へ