ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

低身長症の検査と治療

このページでは、低身長症の検査と治療について調査しています。

低身長症の検査・治療

花イメージ子供の身長が伸びない体質的な要因はさまざまありますが、多くはあまり発生率の高くない、ホルモンや染色体の病気に由来しています。その中で特に母親が心配するのは子宮内発育不全(SGA)による低身長症ではないでしょうか。

これは胎児が未熟児として生まれたり、早産で標準的な身長/体重よりも小さく生まれたことに由来する症状です。とは言えその90%以上は、3歳頃までに成長が追いついていきます。

「自分の子供は残りの10%に入っているのではないか」と心配される場合は、専門医を早めに受診してみましょう。

病院での検査

まず病院の「内分泌内科」を受診します。「小児内分泌科」がある病院なら、なおよいでしょう。
病院では、以下のような検査が実施されます。

  • 問診…生まれた時の状況や、病歴などを確認。また母子手帳や健康手帳から記録を移し、子供の成長曲線を作成したうえで、分析を行います。
  • 血液検査…主要臓器に異常がないか、またホルモンの内分泌は正常に行われているかを調べます。
  • 身体測定…骨の成熟度を見るため、レントゲンが撮られることもあります。

これらの検査結果は、1ヶ月以内に判明します。

病院での治療

検査の結果、治療が必要な低身長症と診断された場合には、保護者の同意のうえ、成長ホルモン療法が実施されます。

成長ホルモンは内服しても効果が出ないため、注射の必要があります。以前は週2回以上通院の必要がありましたが、近年は厚生労働省の許可が下り、自宅で毎晩皮下(おしり、太ももなど)注射することが可能になりました。これにより年間の身長の伸びが大きく改善されるようになります。

ペン型の使いやすい注射器は、痛みよる負担を子供に感じさせにくくなっています。

【成長ホルモン療法の気になるポイント】
  • 副作用はないの?…発疹や頭痛、吐き気などの症状がひどく出る場合があります。その際は主治医相談します。
  • 費用が心配!…成長ホルモン分泌不全性低身長症は、小児慢性特定疾患の対象となり、条件を満たせば医療費助成が受けられます。自己負担額は各家庭の所得税年額により異なりますが、月々5000円前後に抑えられることもあります。
  • どのくらい続けるの?…ゴールをどこに置くかによって変わりますが、一般的には数年間継続します。

いかがでしょうか?低身長症の治療は、早いほど実感できる効果も高くなります
もし心配がある場合は、まず診療を受けてみることをおすすめします。

ページの上へ