ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせな い各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳と一緒に摂るタイプの中でイチオシです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

3位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

メイプル風味の「飲むシリアル」。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。低カロリーなのに栄養豊富で女の子におすすめです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

身長が伸びるメカニズムとは

そもそも、身長はどうして伸びるのか、どのようにして伸びていくのか、そのメカニズムを解説してきたいと思います。

身長を伸ばすカギを握るのは「骨端線」

身長が伸びるのは、すなわち、背骨(頚椎・胸椎・腰椎)や下肢などの骨(大腿骨・頚骨・腓骨など)が成長して伸びているということ。

それらの骨の両端にある「骨端線」と呼ばれている柔らかい軟骨が増殖することで伸びていくのです。

軟骨という名の通り、この「骨端線」は柔らいため、伸びやすくできているのですが、10歳から13歳くらいまでに大きく成長した後はどんどん固まってしまいます。

「骨端線」が完全に固まってしまうと、それ以上は身長は伸びることはほぼないと言えます。

骨端線が固まってしまう年齢が男子で17歳前後、女子で15歳前後です。

しかし、成長には個人差がありますので一概にこの年齢で可能性がゼロになるというわけではありません。

身体測定において、1mmでも身長を伸びがある場合にはまだ骨端線が固まっていない可能性があります。

 

骨端線が増殖するしくみ

身長が伸びるメカニズム

  1. 古くなった骨を破骨細胞が溶かし、カルシウムとコラーゲンに分解、体に送り出す
  2. 破骨細胞の代わりに現れた骨芽細胞が新たにコラーゲンで鉄骨をつくる
  3. 鉄骨の周りに血液を通ってカルシウムが運ばれ、鉄骨に付着
  4. 新しい骨がつくられる

このような動きが繰り返されることによって、骨が強く長く成長していくのです。

子どものころは、この柔らかい骨端線がどんどん伸びますが、成長期を過ぎると、骨端線がかたくなってきます。そのため、身長も伸びにくくなってしまうのです。

骨端線の働きを活性化させる成長ホルモン

骨端線の働きを活発にするのは、成長ホルモンです。成長ホルモンの分泌量が多いと、細胞の働きを活性化することができ、身長アップにつながるのです。

成長ホルモンをより多く分泌させるには

成長ホルモンをより多く分泌させるには骨の成長を活性化させる成長ホルモンをより多く分泌させるには、骨の成長を活性化させる成長ホルモンをより多く分泌させるには、まずはよく眠ること。

とくに、成長ホルモンの分泌がさかんになる午後10時~午前2時の時間帯は、睡眠をしっかりとることが大切と言われています。

成長ホルモンを分泌させるには、もちろん睡眠だけではありません。十分な栄養と運動も必要です。

たんぱく質やカルシウムなど、骨の成長に必要な栄養をしっかり摂って、適度に骨に負荷を与えることも重要なのです。

塾通いなどで、睡眠時間や遊ぶ時間が限られてしまっている最近の子どもたちは、身長を伸ばすためのよい環境にいるとは言えないかもしれませんね。

ページの上へ