【2018年最新版】子どもの身長を伸ばす方法大百科

何に気をつけるべき?子供の身長を伸ばす方法、教えます。

TOP » 子どもの身長に関する情報館 » 成長期はいつまで?

成長期はいつまで?

よく「成長期」という言葉を耳にしますが、そもそも成長期とはいつのことを指すのでしょう。

成長期っていつまで続くの?

成長期という場合、思春期に入ってから3~4年の期間を指すことが一般的です。

男子の場合は、中学生から高校生にかけての時期。女子の場合は、小学校高学年から中学生にかけての時期でしょうか。

この成長期と呼ばれる時期には、とにかく身長が急激に伸びます。

男子は20センチ以上、女子も10センチ以上は伸びると言われています。なかには、30センチ以上伸びるケースも珍しくありません。

医学的な見地から見た成長期とは

いっぽう、医学的には「成長期」の定義は少し違ってきます。骨の端にあるやわらかい軟骨「骨端線」が残っている時期までを成長期と言うのです。

男子の場合は、17歳~18歳。女子の場合は、15歳~16歳ぐらいが平均とされています。

ただし、思春期を迎えるのが遅かった場合、成長期も後ろ倒しになる傾向があります。この場合は、男女とも成人以降、22~25歳ぐらいまで骨端線が残っていて、身長が伸びることもあります。

骨端線が残っているかどうかは、どうすればわかる?

病院で足のレントゲン撮影をすればすぐにわかります。骨端線は、骨の端にある軟骨と骨の境目の部分。

軟骨と骨の境目に線がある場合は骨の成長も見込めますが、上記のような年齢になると、骨端線はなくなり、骨の成長=身長も止まります。

成長期には何をすれば身長をより伸ばすことができるの?

やはり基本的なことですが、じゅうぶんな睡眠・栄養・運動が必要です。

まずは睡眠ですが、成長ホルモンは深い睡眠の際に多く分泌されると言われています。つまり、深い睡眠がとれるようにすることが大切です。

そのために、効果的なのが、適度な運動。骨を成長させるためにも、骨に適度な刺激や負荷をかけることは重要ですので、運動は、深い睡眠につながる効果もあり、かつ、骨を成長させる効果もあるので、一石二鳥と言えます。

そして何よりも重要なのが栄養面。「骨に関係のある栄養素のみを摂る」といったことではなく、バランスのとれた食事が重要です。たんぱく質やカルシウム、マグネシウムや亜鉛などを中心に、まんべんなく栄養素を摂取するようにしなければいけません。

背が伸びる成長期にこそサプリメントでバランスのとれた栄養を!

成長期は、背を伸ばすうえで最も重要な期間です。この時期に摂取する栄養素によって、身長がどれほど伸びるかが決まる、といっても過言ではありません。

先ほども説明したように、骨を育てるだけでは意味がありません。成長に必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切となります。

しかし、実際にこれらを食事のみで補うことは、非常に困難。全ての食品の栄養素を把握するわけにもいきません。

成長期の子供は幼児に比べ、行動力や責任能力が向上しています。「子育てが楽になった」という理由で職場復帰しているお母さんは、毎日の家事がつい片手間になってしまいがち。また「身体にいいから、この食品を食べなさい」と強制しても、素直に従わなくなってくる年ごろでもあります。成長期とは親子にとって、ある意味で難しい時期にもあたるのです。

そんな時期だからこそ、ぜひ活用したいのが栄養機能食品やサプリメント。普段の食事にプラスするだけで、バランスのとれた栄養を効率的に取り入れることができます。種類により形状もさまざまですが、1日数粒だけを摂取すればよいタブレットタイプや、牛乳に溶かすだけの細粒タイプなど摂取も容易なので、続けやすいでしょう。もちろん成長期以前でも安心して与えられるので、子供の健康的な成長を長期に渡りサポートすることができます。

「普段の食事には気を遣っているけど、栄養面は不安」、「どんな食品をどのくらい摂ったらいいのかわからない」といった親御さんは、ぜひ普段の食事の補助として、サプリの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

本サイトではおすすめのキッズ向けサプリランキングも掲載していますので、ぜひ注目してくださいね。

背が伸びるサプリメントランキングBEST5
pagetop