ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

子供の身長を伸ばす方法なび » 子どもの身長に関する情報館 » 子どもの平均身長【アメリカ・海外編】

子どもの平均身長【アメリカ・海外編】

日本人の平均身長は前ページで紹介しましたが、ちょっと気になるのが海外の平均身長です。
ここでは、アメリカの男児・女児の平均身長や、平均身長の高い国、低い国を紹介していきたいと思います。

アメリカの子どもの平均身長はどう違う?

下表の数値は、アメリカ全国保健統計センターの調査によるものです。

男児の平均身長

年齢 平均身長
5歳 114.4cm
6歳 120.6cm
7歳 124.7cm
8歳 131.1cm
9歳 136.8cm
10歳 142.3cm
11歳 150.0cm
12歳 154.7cm
13歳 161.9cm
14歳 168.7cm
15歳 173.6cm
16歳 175.9cm
17歳 176.6cm

女児の平均身長

年齢 平均身長
5歳 112.2cm
6歳 119cm
7歳 125.8cm
8歳 131.3cm
9歳 138.6cm
10歳 144.2cm
11歳 151.3cm
12歳 156.7cm
13歳 158.6cm
14歳 160.5cm
15歳 162.1cm
16歳 162.9cm
17歳 162.2cm

他の国々の傾向は?

男女ともに、平均身長が一番高いのはオランダ。
17歳の平均身長が、日本では男子170・7センチ、女子158センチであるのに対し、 オランダでは、男子183.8センチ、女子170.7センチもあります。

オランダ以外では、下記のような国が平均身長が高めになっています。 モンテニグロ、デンマーク、ベルギー、ドイツ、ノルウェー、セルビア、オーストリア、スウェーデン、リトアニア、ドイツ、クロアチア、チェコ… 。

何か気づきませんか? そうです。北ヨーロッパの国々が多いですよね?

●平均身長が高い国 ※OECDのデータ(2009)

  • オランダ(181.7 cm)
  • デンマーク(181.6 cm)
  • アイスランド(181.3 cm)
  • スウェーデン(180.6 cm)
  • ノルウェー(179.9 cm)

●平均身長が低い国 ※OECDのデータ(2009)

  • スペイン(173.9 cm)
  • 日本(171.6 cm)
  • 韓国(171.2 cm)
  • ポルトガル(170.7 cm)
  • メキシコ(166.9 cm)

北の国々に高身長が多い理由

1847年にドイツの生物学者ベルクマンが発見した「寒い地域の動物の方が体が大きい」という法則があります(ベルクマンの法則)。
本来、寒い地域の動物は、体温を維持するために体の表面積が小さいほうが好都合。いっぽう、暑い地域の動物は、体温を逃すために体表面積が広い方が都合がいいはずです。
ところが、北極のホッキョクグマは大きく、日本のツキノワグマや東南アジアのマレーグマはさほど大きくありません。

これは、なぜかというと、体重は体の大きさの3乗に比例し、表面積は2乗に比例します。つまり、体が大きい方が体重あたりの表面積は小さくなるというわけです。
寒い地域の動物は体が大きい方が体表面積が小さくなり都合がいいということなのです。

この「ベルクマンの法則」が、人間にも当てはまるのではないか?と言われています。
また、北部ヨーロッパというと酪農がさかんで、一般に乳製品が普及しているため、カルシウムの摂取量が多いなど、さまざまな要因が考えられています。

身長が高いのにはサプリの影響も!?

サプリメント大国ともいわれるアメリカをはじめ、海外ではサプリの利用は日常的なことです。

肥満や健康障害が大きな問題となっている国々において、今もっとも関心を集めているのが健康管理です。アメリカにおいては、社会保障も充実しているとはいえず、サプリなどを摂りいれることにより、健康を自己で管理する方も多くなっています。

その延長上で、幼少期より成長や健康をサポートするために、栄養サプリを子どもに与えることも珍しいことではありません。このような子ども用サプリメントは市場を拡大し、広いシェアを獲得しているのも事実です。

一概にはいえませんが、外国の方の平均身長が高い理由には、こういったサプリでの栄養補助も関係している可能性があります。

日本においては、まだまだ馴染みのないサプリメント。しかし「子どもの身長を伸ばしたい」「健康的に成長して欲しい」と考えるのであれば、普段の食生活のプラスアルファとして取り入れていくべきだといえるでしょう。

ページの上へ