ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

アルギニン(アミノ酸)

身長を伸ばすために不可欠な栄養素(成分)アルギニン(アミノ酸)について、その働きや多く含む食品、効率よく摂るための注意点などを紹介していきます。

成長ホルモンの分泌に大きく関わるアルギニン(アミノ酸)とは

成長ホルモンの分泌に大きく関わるアルギニンアミノ酸のひとつアルギニンは、成長ホルモンの合成にかかわり、成長ホルモンの分泌を促す働きがあると言われています。

そもそもアミノ酸は、たんぱく質を構成している成分のこと。アルギニンのほかにも、オルチニン、リジン、グルタミンなどのアミノ酸にも成長ホルモンの分泌促進効果があると言われています。

アルギニンは大人であれば体内で合成することが可能ですが、子どもは体内で合成することができないため、食品で摂取しなければなりません。

とはいえ、アルギニンばかりを摂取するのではなく、他の必須アミノ酸も摂取しないと成長ホルモンの分泌を促す効果は期待できません。

アルギニンを多く含んでいる食品

アルギニンは、アミノ酸が集まって構成されているので、たんぱく質を多く含む食品に含まれています。
鶏肉、牛乳、豆類のごか、ごま、レーズン、玄米、全粒粉のパンなどにも多く含まれています。

たとえば、全粒粉のパンにナッツやレーズンや牛乳を合わせるなどすれば、手軽に摂ることができます。

どれぐらい摂ればいいの?

アルギニンが効果的に働きかけるためには、1日に2000~4000mgの摂取が必要とされています。
これを食品で摂る場合、どのくらいの量が必要かというと…

鶏肉なら、1日160~330g以上が必要と言われています。

体重1kgあたりの1日のアミノ酸必要量

アルギニンを摂るには、他のアミノ酸も同時に摂ることが必要ですが、他のアミノ酸はどのくらい摂ればよいのでしょう?

  • ロイシン…39mg
  • イソロイシン…20mg
  • メチオニン + システイン…10.4+4.1(合計15)mg
  • リジン(リシン)…30mg
  • トレオニン…15mg
  • フェニルアラニン + チロシン…25(合計25)mg
  • トリプトファン…4mg
  • ヒスチジン…10mg
  • バリン…26mg

上記は、あくまでも、大人の場合。子どもの場合は体の成長が著しいため、大人より多くの量が必要になります。
その量は、0歳児は大人の150%以上、3歳以上の子供の場合は10~20%以上と言われています。

ページの上へ