ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせな い各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳と一緒に摂るタイプの中でイチオシです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

3位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

メイプル風味の「飲むシリアル」。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。低カロリーなのに栄養豊富で女の子におすすめです♪

続けやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

たんぱく質

ここでは、身長を伸ばすために不可欠な栄養素(成分)たんぱく質について、その働きや多く含む食品、効率よく摂るためのメニュー例などを紹介していきます。

身長にも成長にも重要なたんぱく質の摂り方

身長を伸ばす栄養素(成分)というと、カルシウムをイメージする方が多いと思いますが、たんぱく質も重要な役割を担っています。

というのも、たんぱく質は骨をつくる材料でもあり、身長と深い関係のある成長ホルモンの分泌を促す作用もあるからです。

またたんぱく質は、骨だけでなく、体のあらゆる部分が必要とする成分です。ちなみに、たんぱく質は英語では「プロテイン」。これは「もっとも重要」を意味する言葉でもあるのだそう。

つまり、私たちの体にとって重要な役割を担うたんぱく質は、消費が多い分、たくさん摂取する必要があるのです。

たんぱく質を多く含む食材

一般的に、たんぱく質を多く含むとされる食品は、肉・魚・卵・乳製品・豆類です。

たんぱく質を多く含む食材
  • 肉(牛肉・豚肉・鶏肉)
  • 魚(マグロ・タラ・カツオ)
  • 豆製品(豆腐・納豆など)
  • 乳製品(牛乳・チーズなど

食品100gあたりのたんぱく質の量

  • ご飯 2.5g
  • 食パン 9.3g
  • 卵1つ 6.2g
  • 牛乳 3.3g
  • 木綿豆腐 6.6g
  • 納豆 16.5g
  • まぐろ赤身(3切れ) 7.9g 
  • ささみ1本 9.2g

1日に必要なたんぱく質の量

  • 3~5歳…25g
  • 6~7歳…30g
  • 8~9歳…40g
  • 10~11歳…45mgg
  • 12~14歳…男子:60g 女子:55g
  • 15~17歳…男子:60g 女子:55g
  • 18~29歳…男子:60g 女子:50g

 

たんぱく質を摂取する際の注意点

植物性たんぱく質

たんぱく質を多く含む食材には、同時に脂肪も多く含まれているものが多い傾向です。脂肪の摂りすぎには注意しましょう。

また、一口にたんぱく質と言っても、実は食材によって含まれている必須アミノ酸の種類は異なっています。同じ食材ばかりからたんぱく質を摂取しようとすると食事バランスが壊れる可能性もあるので、たんぱく質はなるべく異なる食材から摂るよう心がけましょう。食材を例に挙げるなら魚や肉、卵や大豆製品などがおすすめ。

筋肉などは夜寝ている間に回復することから、特に夕食のときに低脂肪で高たんぱくなささみや豆腐といった消化の良い食品を摂ようにすると効果的です。

ページの上へ