【2018年最新版】子どもの身長を伸ばす方法大百科

何に気をつけるべき?子供の身長を伸ばす方法、教えます。

TOP » 子供の身長を伸ばすために見直したい生活習慣 » 運動

運動

ここでは、身長を伸ばすために必要な三大要素のひとつ、「運動」について解説しています。

子供の身長を伸ばす方法~運動編~

子供の身長を伸ばす方法として、適度な運動をすることが挙げられます。ではなぜ適度な運動が身長を伸ばすのか。これには「骨端線」の働きが関係しているのです。
骨が成長するとき、「骨端線」から伸びていきます。骨端線とは、簡単にいうと成長期の骨の端にくっついている軟骨です。この部分には骨細胞が密集しており、古い骨を溶かして栄養分に戻す「破骨細胞」と、新しい骨を作りだす「骨芽細胞」がたくさん存在しています。

この骨端線に適度な刺激が加わると破骨細胞と骨芽細胞が活動し、古い骨の栄養分を材料にして新しい骨が作り出され、身長が伸びていきます。
また、運動して筋肉を使うことで、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンは、骨端線に働きかけて骨を伸ばす働きがあり、急激に身長を伸ばす効果があるといわれています。
さらに、運動をしてエネルギーを使うと、食欲が増します。たくさん食べることで、身長を伸ばすのに必要な栄養素もたっぷり摂ることができますし、疲れた体を休ませるために睡眠をとることにもつながります。運動をすることが身長を伸ばすためのさまざまな相乗効果を生み出すのです。

子供の身長を伸ばす運動とは

バレーボールやバスケットボールなどの選手は、背が高い人ばかりです。競技のルール上、背が高いほうが有利なので、もともと身長が高い人が集まってくるということももちろんですが、実はバレーボールやバスケットボールは、それ自体が身長を伸ばす運動だとも考えられているのです。
科学的な見地では特定の運動で背が伸びるということはまずない、ということですが、 バレーボールバスケットボールのほか、なわとび、ジョギング、バレエ、ダンスなどが適しているのではないかともいわれています。なんにせよ、適度な運動が成長ホルモンの分泌につながりやすいことは確か。お子さんのやりたいことも聞いてみて、適した運動をさせてあげることが一番の方法でしょう。

運動で身長を伸ばすために注意したいこと

運動をするときに気をつけるべき点がいくつかあります。
まず、過度の運動は避けること。一部の筋肉や上半身だけ、下半身だけを鍛える運動は、筋肉はもちろん骨や関節にも大きな負担がかかり、身長の伸びに影響があると考えられています。
また、成長期の骨や関節に負担をかけるという点で、重量挙げやダンベルなどの運動も避けたほうが無難です。筋トレをおこなった場合には、1~5日間、筋肉を休める時間が必要になりますので親御さんが気をつけてあげましょう。

背が伸びるサプリメントランキングBEST5
pagetop