ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

運動

ここでは、身長を伸ばすために必要な三大要素のひとつ、運動と身長についての関係を解説しています。

子供の身長を伸ばす方法~運動編~

子供の身長を伸ばす方法のふたつめは、適度な運動をすることです。
適度な運動がなぜ身長を伸ばすのかというと、運動が骨に与える影響が関係しています。
身長が伸びる=骨が成長するともいえるのですが、骨が成長するときには、骨の先端にある軟骨と骨の境目の「骨端線」から骨が伸びていきます。医学的には、この骨端線が残っている時期までが成長期だと言われ、男性は17~18歳、女性は15~16歳までが一般的です(ただし個人差があり、男性は25歳、女性は22歳頃まで残っている場合もあり)。

この骨端線に適度な刺激が加わることで、骨端線が活発に働いて成長を促し、身長が伸びると考えられています。
また、運動して筋肉を使うことで、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあります。成長ホルモンは、骨端線に働きかけて骨を伸ばそうとするので、成長ホルモンが多く出れば、その分、骨も伸びようとするため、身長を伸ばすのに効果があるといわれています。
さらに、運動をすることでエネルギーを使い、食欲が増します。たくさん食べることで、身長を伸ばすのに必要な栄養素もたっぷり摂ることができますし、運動をして疲れた体を休ませるためにしっかりと睡眠をとることにもつながります。運動をすることで、さまざまな方面から、身長を伸ばすのにいい影響が与えられるのです。

子供の身長を伸ばす運動とは

バレーボールやバスケットボールなどの選手は、おおむね、背が高い人ばかりです。競技上、背が高いほうが有利なため、バスケットボールイラスト身長が高い人が集まってくるということはもちろんですが、実は、バレーボールやバスケットボールは、身長を伸ばす運動だと考えられているのです。
身長を伸ばすには、縦方向の圧力が骨にかかる運動がベスト。バレーボールやバスケットボールのほか、なわとび、ジョギング、バレエ、ダンスなどが適しているといわれています。
けれども、もっとも大切なのは、子供がやりたいと思ったものをやらせてあげること。身長を伸ばすためには、情緒が安定しているということも大切なので、好きでもない運動を無理にやるのは効果がありません。

運動で身長を伸ばすために注意したいこと

運動をするときに気をつけるべき点がいくつかあります。
まず、過度の運動は避けること。一部の筋肉や上半身だけ、下半身だけを鍛える運動は、筋肉はもちろん骨や関節にも大きな負担がかかり、身長の伸びに影響があると考えられています。
骨や関節に負担をかけるという点で、重量挙げやダンベルなど、過度の負荷をかける運動も、成長期には避けたほうが無難です。
筋トレを行った場合には、1~5日間、筋肉を休める時間が必要になりますので、その点も考慮して行うようにしましょう。

ページの上へ