ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

睡眠

ここでは、身長を伸ばすために必要な三大要素のひとつ、睡眠と身長についての関係を解説しています。

子供の身長を伸ばす睡眠とは

「寝る子は育つ」
この言葉、本当なんです。睡眠は、子供の成長に大きな影響を及ぼします。身長を伸ばすためには、いい睡眠をとることが何よりも大切です。
というのも、身長を伸ばすための重要な要素である成長ホルモンは午後10時~午前2時の睡眠中に多く分泌され、とくに、寝る子供イラスト眠りについてから2時間くらいまでの深い眠りの時にもっとも多く分泌されるといわれています。寝不足が続いたり、眠りが浅くなったりすると、成長ホルモンの分泌に影響を及ぼします。深く質のいい睡眠をとることが、成長ホルモンの分泌を促し、身長を伸ばすことにもつながるのです。

また、思春期の遅い子供は、思春期の早い子供と比べて身長が高くなる傾向にあるといわれています。欧米人が日本人と比べて身長が高いのは、欧米人のほうが思春期を迎えるのが遅いからとも考えられているのです。この思春期を遅らせる働きをもつメラトニンというホルモンがあるのですが、このメラトニンは夜間に分泌され、1日の体のリズムを整える作用があります。メラトニンをしっかり分泌させるためには、生活リズムを整え、いい睡眠をとることが重要です。

質のいい睡眠を得るために

日本の子供たちの睡眠時間は、諸外国の子どもと比べて平均睡眠時間が短いといわれています。幼児期から小学生までは10時間中高生なら8時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。
睡眠時間ももちろんですが、いかに質のいい睡眠がとれるかも重要です。質のいい睡眠=深い眠りにするためにはどうするか。いくつかの方法をご紹介します。

早寝早起きをして、規則正しい生活を送ることで、質のいい睡眠が得られます。朝起きたら太陽の光を浴び、日中は体を動かし、ご飯をしっかり食べ、早く寝る。こうした生活リズムが、成長ホルモンやメラトニンの分泌にいい影響を及ぼします。

食べたものが消化されない状態で眠りにつくと、眠りが浅くなってしまいます。また、胃に食べ物が残っていると、翌朝もすっきりせず、朝食を抜く原因にもなるので、遅くとも眠る2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。

人間は、深部体温(体の内側の温度)が下がることで眠りにつきやすくなります。就寝の30分くらい前にぬるめのお風呂に入ると、体の外側の血行がよくなり、深部体温を下げる手助けをします。

寝る前にテレビやパソコン、携帯電話の画面を見たりすると、視神経に光の刺激を与えて、メラトニンの分泌を妨げてしまいます。豆電球ひとつくらいの明るさに抑え、大きな音を立てず、落ち着いた環境を作りましょう。
また、寝る前に子どもを怒ると興奮して眠れなくなることがあります。子どもを叱るなら日中に!
 

ページの上へ