ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

飲み合わせの相性があるってホント?

 ここでは、カルシウムを摂取する際に知っておくべき、飲み合わせについて解説します。

マグネシウムとビタミンDは相性抜群??

サプリなどを取り入れるのであれば、効果を高めて効率的に摂取したいですよね。
カルシウムの場合、マグネシウムとビタミンDを同時に摂取することで、吸収を高めることができます。

 

マグネシウムを同時に摂取することにより、筋肉や骨の形成、血圧や神経・ホルモンバランスに働きかけ、高い吸収率と相乗的な効果が得られると、言われています。

●筋肉への影響
…筋肉細胞に入ることで筋肉収縮の原因となるカルシウム。マグネシウムは細胞内に入るカルシウムの量を調整する働きがあります。これが不足すると、痙攣やふるえ、筋肉萎縮などの症状が。

●骨への影響
…骨の形成に大きな影響をおよぼします。マグネシウム不足におちいると、いくらカルシウムを摂っても骨に影響なく、また成分が出ていきやすくなってしまい、骨粗しょう症の原因にも。

●血圧への影響
…動脈の収縮により血圧をあげるカルシウムと動脈の弛緩により血圧をさげるマグネシウム。これらのバランスによって血圧が平常に保たれていると考えられます。

 

カルシウムにとって重要な働きをする、ビタミンDも同時に取り入れることを忘れてはいけません。
腸内や血液中への吸収を助けることはもちろん、体外への排出を防ぎます。骨をつくる細胞を促進させ、骨を壊す細胞を抑える効果も。

反対に、体内のカルシウムとマグネシウム、ビタミンDのバランスが崩れると、すべての効果が無意味となってしまう可能性も。そのため、どれかひとつを重点的に摂取するのではなく、バランスをよく取り入れることで、それぞれの相乗効果に期待が持てるのです。

飲み合わせの悪いものは?

反対に、同時に摂取することで効果を半減させたり、体にとって悪影響となってしまう飲み合わせもあるということを忘れてはいけません。

影響としてはふたつ、カルシウムの体内への吸収を阻害するものと、副作用が出てしまうものです。

以下に、成分とそれが含まれる主な食品・薬をまとめたので、ぜひ参考にしてカルシウムの摂取に役立ててください。

・炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト…胃酸を中和させるような胃薬に主に含まれます。

・アルミニウム…胃薬やアルミホイルなどで調理された料理にも含まれます。

・リン酸…炭酸飲料、野菜、肉など。時間を空けたり、少量であれば問題ないともされています。

・アルコール…酒類など。アルコールにはカルシウムを体外に排出してしまう性質があります。

・鉄…レバーや魚介類。同時摂取により、両方の吸収を阻害する性質があります。

・ナトリウム…梅干、醤油、味噌など塩分が多く含まれるもの。カルシウムの排出に大きく影響します。

・シュウ酸…ほうれん草の灰汁など。カルシウムと結合した場合、シュウ酸カルシウムとなり結石の原因となる可能性があります。

・糖質コルチコイド…ステロイドホルモンという物質と同時摂取した場合、糖尿や高血圧、免疫不全などを引き起こし、カルシウムの吸収阻害にも影響をおよぼす可能性があります。

ページの上へ