ベストはこれ! 子供の身長を伸ばす方法なび

子供の背が伸びる方法教えます!

1位 カルシウムグミ

カルシウムグミ

サプリメント評議会認定。子供の成長において欠かせない各栄養素を、おやつ感覚でバランスよく摂取できます♪

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ◎ ☆

公式HPをチェック

2位 カルシウムグラノーラ

カルシウムグラノーラ

手軽で飲みやすい「シリアル飲料」タイプ。ミネラル不足を補い骨の成長を促します。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
◎ ○ ◎

公式HPをチェック

3位 セノビック

セノビック

コップ2杯分で一日に必要なカルシウム・鉄の80%を摂取。牛乳で飲む粉末タイプ。

飲みやすさ 有効な成分 安全性
○ ◎ ○

公式HPをチェック

その他にも色々な効果があるってホント?

ここでは、身長を伸ばす以外にも、カルシウム摂取によって得られる効果を紹介します。

カルシウムサプリメントの生み出す効果

多くの方は「子どもの身長を伸ばすため」「骨を強くするため」という目的で、カルシウムサプリメントを摂取していると思います。
それ以外の効果は?と聞かれると、ないように思えるかも知れませんが、実はカルシウムには身長と骨の他にも、さまざまな体への効果があるのです。

…そのメカニズムは意外と知られていません。カルシウムの99%は骨に使われますが、残りの1%は機能カルシウムと呼ばれ、血の中から筋肉、神経にも存在し、ホルモン分泌や正常な血液を保つための生理作用に使われます。機能カルシウムが不足すると、骨からカルシウムを奪うことで血中に補充します。この状態が長く続くことにより、骨の密度が少なくなった状態が骨粗しょう症なのです。ですから、骨粗しょう症の予防の場合のカルシウム摂取には「骨を強くする」ほかにも、機能カルシウムを補い、体内の生理作用を正常にする、という目的があるのです。

…「イライラするのはカルシウムが足りていない」というのは今では定説となっていますね。しかし、情緒や神経に関係する機能カルシウムは、不足時に骨から補われるため、血中のカルシウム不足が直接的な原因ではないといえます。カルシウムが溶け出してしまうことで肉体的なトラブルを引き起こし、結果、精神状態にも影響するといわれています。カルシウムは肉体も心も健やかにする、人にとって欠かすことのできない栄養素のひとつです。

…不足により骨からカルシウムが溶け出す現象は、肩こりの原因のひとつにもあげられます。日ごろより肩こりで悩んでいる方はまず、カルシウム不足を疑ってみてください。

…高血圧や動脈硬化の原因のひとつとして、カルシウムパラドックスがあげられます。これは、カルシウム不足によって骨から溶け出し、血中に蓄積したカルシウムが、動脈を硬くさせる現象のことを言います。

…骨だけでなく、筋肉にとっても潤滑油のような効果をもたらします。カルシウム不足は筋肉痙攣や硬直などを引き起こすため、運動をする方はもちろん、日々体を動かす私達にとって、カルシウム摂取は重要です。

…「カルシウムを摂取すれば痩せる」という誤解を生んでしまうかもしれませんが、カルシウムにダイエット効果があるわけではありません。しかし、ダイエットにおいてカルシウムを摂取することは効率よく、成功に近づける方法のひとつなのです。
多くの方は、食事制限を減量プログラムに取り込むと思います。しかし食事制限は、ストレスから正常な判断を狂わせ、持続させることを困難に。途中で失敗してしまうことも少なくはありません。脳を正常に働かせ、長期間の安定した精神を保ち続けダイエットに挑むには、カルシウムが必須となります。

妊娠中にも

他にも、絶対にカルシウムを摂取すべき場面があります。男性には関係のない話になってしまいますが、新しい命を授かったお母さんです。

おなかにいる赤ちゃんの発育にも、カルシウムが欠かせません。必要なカルシウムや栄養素は、主に母体から送られるため、常に母親のカルシウムは失われ続けます。摂取することなくいれば、カルシウム不足におちいってしまうのは、誰が見ても明白ですよね。産後に「歯が抜けてしまった」「骨折してしまった」「骨粗しょう症になってしまった」という例が多く見られるのは、このためなのです。

では、妊娠した際に摂取すべきカルシウム量はどのくらいなのでしょう?

一般の成人女性で600~700mgといわれていますが、それに300mgを足した、900~1000mgが推奨されてきました。しかし、近年の研究から、妊娠中にはカルシウムの吸収率があがり、産後も授乳期間が終われば、半年ほどでカルシウム量が通常に戻るとされています。妊娠中毒症などの特別な症状がない限りは、通常通りの摂取量で問題ないと考えられます

とはいえ、油断は禁物です。現代の食事環境においては、ただでさえカルシウム不足になりがち。栄養バランスの摂れた食事をしつつ、カルシウムも補うことは困難なので、カルシウムサプリメントを効果的に取り入れることもひとつの手です。その際には、赤ちゃんのたんぱく質や遺伝子を育てる、葉酸も一緒に摂取することをオススメします。

母子ともに健康で、元気な赤ちゃんを産むためにも、カルシウム摂取は妊婦にとって欠かせないことを覚えておいてくださいね。

ページの上へ