【2018年最新版】子どもの身長を伸ばす方法大百科

何に気をつけるべき?子供の身長を伸ばす方法、教えます。

TOP » 子供の身長を伸ばすストレッチ・ツボ押しの方法

子供の身長を伸ばすストレッチ・ツボ押しの方法

このカテゴリでは、子供の身長を伸ばす方法の上級編として、背を伸ばすのに有効な方法を解説しています。

ストレッチ・ツボ押しの効果

ストレッチとツボ押しの効果についてみていきましょう。

ストレッチ

子どもは生長期にアキレス腱などの腱が骨に触れている部分に成長痛と呼ばれる痛みを感じることがあります。
成長痛は、骨の成長に伴って、筋肉や腱が引っ張られることで起こる痛みです。この腱や筋にストレスが加わるのをそのままにしておくと、骨の成長点とも言える、骨端線にもストレスがかかり、成長を妨げてしまうこともありえます。

そこで、ストレッチをして、骨の発達に合わせて筋肉や腱を柔らかく伸ばしてあげることが大切。

ストレッチやエクササイズをこまめにすれば、成長痛の辛さも軽減できるかもしれません。

生長期に見られるosgood schlatter病やアキレス腱炎などの障害は,今まで骨の発育に対して筋の伸張性が伴わないためだと言われてきた。しかし、充分なストレッチ・エクササイズや姿勢による影響と評価され,筋的な問題も考慮したプログラムを作成してきたが,痛みの低下が見られない症例が出てきた。今回の結果より、成長期の障害には骨の成長に対して筋の伸張性だけではなく,神経の伸張性も関係してくるのではないか

出典:(PDF)「144 身長の発育スパートとnerve-tensionの相関について」理学療法学Supplement理学療法学Supplement,1999 [PDF]

ツボ押し

足裏は第二の心臓と呼ばれるくらい、ツボが集中している場所です。
中でも、足裏の親指真ん中あたりにあるツボは、脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促す作用があると考えられています。また、骨の成長に大きく関わる甲状腺ホルモンは、親指の付け根の膨らんだ部分にあるツボを押すことで活発にさせられます。

ストレッチ(柔軟体操)、マッサージ

身長を伸ばすためには、筋肉を柔軟にしておく必要があります。硬くなりがちな筋肉をほぐすストレッチやマッサージは、健やかな発育を促進してくれます。親子で楽しめる方法をまとめていますので、ぜひチェックしてください。

子どもの身長を伸ばすストレッチについてはこちら

ツボ押し

日本の生活の中に根付いている健康法・ツボ押しの中にも、身長を伸ばすために有効な方法が隠されています。こちらのページではいくつかの方法を紹介していますので、ぜひ知識を深め、積極的に実践してみましょう。

子どもの身長を伸ばす足つぼマッサージについてはこちら

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素とは

カルシウムやタンパク質、マグネシウムなど子どもの成長に関わる7つの成分を紹介しています。

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素とは

年齢と身長の関係について

子どもの成長は人それぞれ。遺伝的な要因、環境的な要因もあり、一概に何歳になれば身長はどのくらい、と言い切ることはできません。しかしながら、傾向として、身長が伸びやすい時期や、年齢ごとの身長の伸び方の特徴もあると言えるでしょう。
ここでは、年齢と身長の関係について考えてみましょう。

身長の伸びはS字の年齢曲線を描く

新生児から幼児期を経て、女の子であれば初潮を迎える10代前半の年齢までの身長の伸びを調べた調査では、一般的に身長の伸びは思春期に一時的に加速する傾向があることがわかっています。
身長の伸びのピークが何歳で現れるかは、子供によっても様々。特に8歳以降は16歳ごろまで人によって実にさまざまなケースがあると言われています。

しかしながら、一般的に身長の伸びは横軸を年齢、縦軸を伸び率に換算するとS字形のカーブを描く傾向にあります。

人の身長や体重などの計測値の年齢に伴う増加の経過を見ると,思春期に一時的に加速して(増加率が大きくなって)いわゆるスパートを示し、結果として年齢変化曲線がS字形になることはよく知られている。この時期が何歳頃から訪れるかは個人ごとに大きく異なり,8歳頃から16歳頃までの長期にわたって個人差が見られる。

出典:(PDF)「身長•胸囲•体重にみられる最大成長速度年齢の相互関係について」人類學雜誌,100(4),1992 [PDF]

0〜1歳

新生児の身長は、平均50cmほどと呼ばれています。新生児の成長スピードはとても早く、1年で20〜30cmほど成長します。

乳幼児期の身体発育は一般的には第一次成長期といわれる時期で、特に、生後1年間は人の一生で最も増大を占める
〜中略〜男女身長のグラフを見ると、両者とも発育現量値は0歳から1歳までにかなりの急増を示す。

出典:(PDF)「乳幼児身体発育曲線に関する解析」日本生理人 [PDF]

2歳〜思春期

生まれてから1年で身長が急激に伸びた幼児の成長は、その後ほんの少しだけなだらかな線を描きます。
年間の身長の伸び率は、思春期の第二次性徴期を迎える前くらいまではだいたい同じくらいなことが多いようです。

一概には言えませんが、年間の身長の伸び率は5m、6cm程度と言われています。ただし、これも個人差がありますから、年間5cm伸びていない!と焦る必要はありません。

10歳頃〜

第一次成長期以降、年間の伸び率が同じくらいだった身長も、第二次性徴期と呼ばれる体が大人になり始める時期に、また伸びのピークを迎えます。

第二次性徴期が始まる年齢は、子供によっても異なります。女の子なら早くて7歳頃から。平均では10歳頃から第二次性徴期が始まります。また、男の子の場合は、少し遅く、9歳以降に第二次性徴期が始まることが多いようです。

第二次性徴期には、身長の伸びが激しく、この時期の身長の伸びが大人になったときの身長に影響するといえます。

身長の伸びが止まるのは、骨端線と呼ばれる、子供の骨の関節付近にある線が閉じるのがサインの一つ。
骨端線部分には、新しい骨を作る細胞の働きが活発で、骨が骨端線に沿って伸びます。この骨端線が閉じると、成長がストップする一つのサインといえます。

一般的にこの期間(10〜14歳)は第二次性徴期のピークに向う,上昇期であるとされている. 12〜13才に発育量のピークが来る山型を示す発育パターンを見ることができるが,その中には上昇型,下降型,凸型凹型,無変化といった複雑なタイプが内在している.

出典:(PDF)「12. 中学校生徒の身体発育に関する累年的研究」体育学研究,15(5),1970 [PDF]

背が伸びるサプリメントランキングBEST5
pagetop