【2018年最新版】子どもの身長を伸ばす方法大百科

何に気をつけるべき?子供の身長を伸ばす方法、教えます。

TOP » 子供の身長を伸ばすストレッチ・ツボ押しの方法 » ストレッチ(柔軟体操)・マッサージ

ストレッチ(柔軟体操)・マッサージ

筋肉は、放っておくとどんどん硬くなります。そのため、身長を伸ばすためには全身の筋肉を柔らかくしておく必要があり、まんべんなくストレッチ(柔軟体操)、マッサージ等をすることが大切です。

このページでは、子供の身長を伸ばすのに有効なストレッチやマッサージ方法をリサーチし、紹介しています。親と子供、一緒に行えるものもあるので、日頃のコミュニケーションのひとつとしてもおすすめです。

身長を伸ばすためのストレッチ(柔軟体操)

子供の身長を伸ばすストレッチには様々なやり方があるようですが、ここでは、親子ペアでできるストレッチ方法を紹介します。親や大人が見てあげることにより、体の変化に気づくことができるそうです。(以後、「大人」「子供」と表記します)

【全身を引っ張り、胸とお腹を伸ばす】

  1. ペアで背中合わせになり、大人は子供の手首を持って、ゆっくりと前傾します。
  2. 子供を背中と腰で持ち上げ、30秒くらいキープ。
  3. 子供の腕はピンと伸びるように持ち、引っ張りながら下ろしていきます。

【内ももを伸ばし、左右の骨盤のゆがみを調整】

  1. 子供は仰向けになり、大人はその足元に座ります。
  2. 子供の右脚を固定し、左脚をゆっくりスライドさせ、扇形のように開いていきます。
  3. 反対側も同様に行い、子供が痛くないところまで伸ばしましょう。

【ふくらはぎをストレッチし、脚の長さを伸ばす】

  1. 子供は仰向けになり、大人はその足元に立ちます。
  2. 子供の片足を持ち上げ、ひざが曲がらないように、自分のひざで軽く固定しましょう。
  3. つま先をやさしく押していきますが、ひざの裏がピンと伸びるので、子供の様子を見て注意しながら行ってください。
  4. 反対側も同様に行いましょう。

ストレッチをすることで全身が伸び、筋肉が柔らかくなることは既に書きましたが、成長ホルモンの分泌も促すため、血液の流れをよくするというメリットもあります。

身長を伸ばすためにせっかくいい栄養をとっても、血流が悪いと栄養が全身に行き渡らないのでもったいないですよね。しっかりストレッチをして、身長が伸びやすい体を作りましょう。

ちなみに、ストレッチを行う時間帯は、朝起きた後と夜の就寝前がいいそう。朝から適度なストレッチを行うことで、体もあたたまり、1日健やかに過ごせそうですね。

夜であれば、お風呂上りなどに、親子で仲良くコミュニケーションをとりながら行うといいと思います。身長を伸ばすには質のいい睡眠も大切なので、寝る前のストレッチでぐっすり眠れて効果もアップするはずです。

身長を伸ばすためのマッサージ

マッサージにも色々ありますが、身長を伸ばすために有効なものとして、深い睡眠を促すリンパマッサージを紹介します。

リンパマッサージとは、体内で滞ったリンパ液を、リンパ節を通して流し、汗や尿として体外に排出するマッサージ法。手で撫でてリンパを流したり、指で押したりします。

鎖骨・わき・脚の付け根・ひざの裏などに、リンパ液の排出先である「リンパ節」がありますので、そこへ向かってやさしく撫でるイメージです。

こちらも、お風呂上りに行うのが効果的。オイルやクリームをつけると保湿もできて一石二鳥です。強く押したりさすったりすると逆効果ですので、注意して行ってくださいね。

栄養分の効果的な摂取法

本ページで紹介したストレッチやマッサージは、子供の発育に必要な栄養を、効果的に吸収するために役立ちます。 成長のために必要な栄養分としては、骨の発育を促進するカルシウムや、成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸などが挙げられますが、これらをまんべんなく毎日の食事から摂取させるためには、相当心配りが必要となります。 「親の仕事が忙しく、料理に充分な時間をかけられない」という家庭もあるでしょう。また子供は好き嫌いが激しいため、せっかく用意した食事をすんなり食べてくれないということも考えられます。 そんな時に活用したいのが、サプリメント。栄養補助食品として生活に取り入れることで、子供の食生活に関する悩みが、ずいぶんと軽減されるはずです。 近年は『ボーンペップ』など注目の発育促進成分を配合した商品や、お菓子感覚で手軽に摂取できる商品も増えています。本サイトでもおすすめ商品の情報を掲載していますので、ぜひチェックを。ストレッチやマッサージとともにサプリメントを活用し、健やかな子供の発育をサポートしてあげてください。

背が伸びるサプリメントランキングBEST5
pagetop